よくある質問

正しいボウタイのサイズの選び方は?

ボウタイのサイズはワイシャツの襟周りのサイズ(38, 39, 40, 41, 42)と同じです(首周りの実寸プラス2cmがワイシャツの襟のサイズ)。もしも Smith Brand のボウタイのサイズが合わなかった時は、商品を交換いたします。ジャストサイズのボウタイを格好良く着こなしてくれる約束をしていただければ、送料は Smith Brand で負担します!

Smith Brand のボウタイはもともと結んであるもの?それとも自分で締めるもの?

Smith Brand のボウタイは全てセルフ・タイ(自分で締めるタイプ)。ボウタイの締め方によってその人の個性が表れるのがボウタイのポイントです。最初は難しく感じるかもしれませんが、少しの練習と、ちょっとの忍耐力があれば自分らしいボウタイが出来るはず!

ボウタイを着用しての重機の取り扱いは安全ですか?

もちろんです!おすすめします。150年ほど昔は工場で労働していた人達もみんなスーツ&タイという正装でした。

なぜ Smith Brand のボウタイはフリーサイズ(サイズ調整可能)ではないのですか?

既成のボウタイは購入して自分用にサイズを合わせます。Smith Brand はそのステップを取り除くことにしました。自分のサイズのボウタイをオーダーしたら、その後は煩わしいサイズ調整はなし。もう1つの理由としては、アジャスターを付けるために必要な素材の無駄遣いをなくすためです。

ボウタイの結び目がなんだかちょっとおかしい気がするのですが、何か間違ってるのでしょうか?

ボウタイの出来上がりがクシャクシャでも心配することはないですよ。そんなボウタイも味があっていいものです。出来上がりに満足がいかなければ、一度ボウタイをはずして、アイスでも食べながらちょっと休憩して、それから落ち着いた気持ちで再度トライしてみて下さい。

Smith Brand のボウタイの素材の生産地はどこですか?

最高品質の生地でボウタイを作ることを目標としているので、良い生地があれば生地の生産地にはこだわっていません。ある生地はイギリス製、別の生地は日本製だったり。

女性の私でも、ボウタイをつけてもいいですか?

もちろんです。ネクタイ等のアクセサリーは主にメンズウエアとして扱われていますが、女性でも似合うはず!女性の首周りは男性用よりも小さいのでサイズ選びがキーです。Smith Brand でのサイズ展開は38-42cmですが、これ意外のサイズも連絡を頂ければ喜んでお作りいたします!

秋/冬と 春/夏の素材の違いは何ですか?

伝統的に秋冬は厚手で暖かい生地:厚手ウール、ファーやレザー等。春夏は軽くて風通しの良い生地:コットン、リネン、シルク等。Smith Brand ボウタイはどなたでもいつでも、身に付けて頂けますが、季節にあった色や素材を考えて身につけてみるといいかもしれません。

Smith Brand ボウタイの洗濯方法は?

洗濯方法は各ボウタイの素材によって異なります。秋冬コレクションは全てウールもしくはカシミヤブレンドです。これらのウールの取り扱い方はウールのスーツと同じです。 ドライクリーニングで使われる薬剤がウールにダメージを与える可能性があるので、ドライクリーニングは最後の手段にしましょう。シミや食べこぼしを避けるのがベスト。 ついたばかりの水分であれば乾いた布を押しあてて染み込ませましょう。決して、こすらないでください。こすることでシミが広がります。 砂やホコリなど乾いたものであれば、スーツ用のブラシを使ってはたきます。ブラシが無ければハンカチ等の布で軽くこすって落とすこともできます。

シルクのボウタイを探しているのですが、Smith Brand ではシルクは取り扱ってないのですか?

シルクのボウタイはDrakes of London, Gieves and Hawkes, Duchamp 等のブランドが高品質のものを作っているので、そちらでどうぞ。

だいたいボウタイって何ですか?

ボウタイの起源は、17世紀の普仏戦争でクロアチアの傭兵たちが襟を締める為に使ったスカーフだと言われています。これがクラバット(フランス語でクロアチア人)と言われるようになり、18世紀に入るとフランスの上流階級、ファッションリーダーであった貴族などに受け入れるようになりました。